Profile

  • 総合芸能プロダクション カロスエンターテイメント  2
  • 総合芸能プロダクション カロスエンターテイメント  3
  • 総合芸能プロダクション カロスエンターテイメント  4
  • 総合芸能プロダクション カロスエンターテイメント  5

プロフィール

芸名 ポール岡田 
出身地 滋賀県
誕生日 1947/08/13
血液型  
サイズ 身長 B W H S
趣味
特技
免許・資格

略歴

  1969年5月、GSバンド、ザ・カーナビーツの2代目ボーカリストとして加入するが5ヶ月でグループは解散する。
解散後、1969年12月から翌1970年2月末まで渋谷東横劇場で上演された日本初のロック・ミュージカル「HAIR」にウーフ役で出演。
その後は再びボーカリストとしてソロ、男女デュオなどで数枚のレコードをリリースした。

1970年代末、偶然にも紹介された伊集院静氏の誘いで、音楽活動を諦め、本名の長岡和彦として広告業界へ転身。株式会社JMSクリエイティブセンターという広告制作会社に入社し、伊集院氏が小説家への転身で退社するまで約1年間は彼の部下スタッフを務め、その後も本体のJMS(株式会社ジャパン・マーケティング・サービス)に移り、主にCMクリエイティブ・ディレクターとして音楽業界とも関わりを続け、広告映像企画制作やファッション・イベント制作などを手掛けた。
2001年に、中学・高校の一年後輩で、日本の音楽業界で数々有力なアーティストを育てた㈱ビーイングの創業者である長戸大幸氏の助言もあり、JMSを退社して個人会社を設立。
2009年末にセミ・ドキュメンタリー小説「HAIR1969輝きの瞬間」をポール岡田名義で飛鳥新社より上梓。そのキッカケで、2010年から40年振りにバンド・ライブ活動を再開している。

息子は九州朝日放送アナウンサー・長岡大雅である。

経歴

アマチュア時代
通常より1年遅れて1967年に甲南大学文学部に入学後、滋賀大学教育学部附属中学校、滋賀県立膳所高等学校の同窓生で一学年後輩の(後にビーインググループ創業者)の長戸大幸をリーダーにしたアマチュア・バンド「The Sounds Of Weeds」を結成(その後、The WEEDSに改名)。当時の担当はサイド・ギター&ボーカルだった。WEEDSは大阪のジャズ喫茶(ライブハウス)「パラカ」「ナンバ一番」や京都の「ニューデルタ」などにも出演した。

1968年、大学2年時に東京の音楽プロダクションのスカウトを受け、大学を休学して上京する。

の後、同プロダクションを辞めて、1968年11月に「ザ・カーナビーツ」と同じ事務所に所属する大阪出身のバンド「ザ・キャンディーズ」にボーカリストとして参加。バンドリーダーは後に「シーチャン・ブラザーズ」、「上田正樹&サウス・トゥ・サウス」などでドラマーとして活躍する井上茂。ザ・キャンディーズは、「銀座アシベ」「新宿アシベ」「池袋ドラム」など都内の人気ジャズ喫茶を中心にライブ活動をしたが、1969年4月に「ザ・カーナビーツ」のボーカル担当の臼井啓吉が脱退したため、翌5月に後任の2代目ボーカリストとして抜擢された。
ザ・カーナビーツ時代
1969年5月、「ザ・カーナビーツ」に2代目ボーカリストとして加入。
テレビ番組ではフジテレビ「ザ・ヒットパレード」にも出演した。TBSテレビ「ヤング720」ではレッド・ツェッペリンの「Communication Breakdown」をソロで歌唱した。当時のクレジットは<永岡和彦>または<ポール岡田>であった。

カーナビーツ在籍時のレコーディングは、ラスト・シングル曲「テルテル天国」(コーラス参加)とフィリップ・レコードのコンピレーション・アルバム収録のビートルズのカバー曲「GET BACK」(ソロ)とゾンビーズのカバー曲「ふたりのシーズン」(コーラス)のみであった。 
計10枚のシングル・レコードを発売し、1969年9月にザ・カーナビーツは解散する。最後の演奏は銀座ACBの夜の部であった。
ヘアーへの出演
1969年12月、日本初のロック・ミュージカル「ヘアー」に出演。同年11月からの長期リハーサルに、寺田稔、加橋かつみ、深水龍作、小坂忠、堀内麻九、大野真澄、萩かづこ(安藤和津)、シー・ユー・チェンなどと共に参加する。

1969年12月5日、渋谷東横劇場で「HAIR」は開幕する。主催は大手映画会社の松竹であった。公演途中から主役級のひとり「ウーフ」役を大野真澄とダブルキャストで演じるが、1970年2月、大麻事件の為に当初予定されていた「HAIR」大阪朝日座公演が中止され、延べ11万人の観客を動員した革命的ロック・ミュージカル「HAIR」の日本公演は3ヶ月で終わった。
ソロデビュー
1970年11月、東宝レコードから第1期アーティストとして「聖少女」でソロデビュー。
その頃、作曲家小林亜星からのオファーで多数のTVCMソングを歌唱する。代表作品:ハウス食品「ミルク・シャービック」、ライオン油脂「エメロン・シャンプー」。
1971年5月、ルノー・ベルレーと浅丘ルリ子主演の市川昆監督の東宝映画「愛ふたたび」のサウンドトラック・アルバムに鹿島とも子と共に歌で参加。
1973年3月、途中2年休学していた大学を卒業[1]。
パイシスのデビュー
1974年末、アルファ&アソシエイツ(アルファ・レコードの前身の音楽制作会社)で 村井邦彦社長と、ミュージカル"HAIR"のプロデューサーでもあった川添象郎のプロデュースで、武蔵野音楽大学出身のジャズ系アーティスト寺門由紀子とデュエット・グループ「パイシス」を結成。所属事務所は田辺エージェンシーだった。
1975年3月、パイシスとして東芝EMIレコードからデビュー。
ファースト・シングルは「悲しみのティ・パーティ/アニマ・ミア」。カップリングの「アニマ・ミア」は、イタリアのソフトロック・グループ「Cugini di Campagna」のANIMA MIAのカバー曲。当初はA面を予定されていたので、アレンジ&キーボードに深町純、ギターに高中正義、ドラムスは原田祐臣という顔ぶれ。
この時のクレジットは本名の長岡和彦になっている。
1976年4月、セカンド・シングル「恋人と来ないで/陽だまり」をリリース。
A面の作詞作曲は荒井由実、アレンジは松任谷正隆。コーラスにはハイ・ファイ・セットが参加[1]。
音楽プロデューサー、ディレクターとして
化粧品キャンペーン音楽のプロデュースで、多数のヒット曲を生み出す。
1978年、音楽アーティストの道を断念し、広告代理店に入社。最初に手掛けた仕事は化粧品の1978年夏のキャンペーン・ソングのプロデュース。パイシス時代のネットワークを活かし、アルファ・レコードの新人グループ、「サーカス」を起用した「Mr.サマータイム」がオリコン・ヒットチャートの1位を獲得。(競合の資生堂の矢沢永吉「時間よ止まれ」の売り上げを上回る)その後、CMクリエイティブ・ディレクターとして数々のCM制作に携わる[1]。化粧品キャンペーンなどのCM音楽のプロデュースでは多数のヒット曲を生み出す。
著書出版
セミ・ドキュメンタリー小説「HAIR 1969 輝きの瞬間(とき)」を2009年12月5日、飛鳥新社より出版。著者名義はポール岡田[3]。
音楽活動再開
著書の出版後、2010年1月から40年振りに音楽ライブ活動を再開。渋谷クロコダイルでの「1969という名のLIVE」シリーズを1969スペシャル・バンドのサポートで開催中(年4回)。

2010年6月には、本の出版がきっかっけとなって実現したHAIR日本公演のトライブの音楽LIVE「HAIR1969LIVE」を開催し、その後も2010年12月、2011年6月とLIVEを開催している。

約40年の封印を解いて結集した「HAIR」1969年東横劇場公演出演トライブは、ポール岡田の他、「加橋かつみ、大野真澄、深水龍作、堀内マーク、寺田稔、安藤和津、坂本めぐみ、増田光子。バックバンドも当時のメンバーも柳田ヒロ、水谷公生、江藤勲などが参加している。

2011年7月からは、ブライアン片山(ギター、シタール、ダルシマー、ハープ、リコーダーetc)、TOBY(ベース)、MIHO(ギター)、TAKA(ドラムス)の誘いで、ブライアン・ジョーンズが在籍していた時期のザ・ローリング・ストーンズの楽曲だけをカバーするバンド東京Jajouka(ジャジューカ)の結成にも参加し、リード・ボーカルを担当している。
広告制作会社時代
CM音楽プロデュース作品
サーカス「Mr.サマータイム」
甲斐バンド「ビューティフル・エネルギー」
山下久美子「赤道小町ドキッ」(ACC CM音楽部門秀作賞受賞)
イエロー・マジック・オーケストラ「君に、胸キュン。」(ACC CM音楽部門秀作賞受賞)
中原めいこ「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」
吉川晃司「にくまれそうなNEWフェイス」
中村あゆみ「ちょっとやそっとじゃCAN'T GET LOVE」
浅香唯「C-Girl」
浜田麻里「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」
B'z「LADY NAVIGATION」
ピチカート・ファイヴ「スウィート・ソウル・レヴュー」
CMプランナーとしても、セルジオ・メンデス&ブラジル77(オーディコロン)、シルヴィ・ヴァルタン(コカ・コーラ・ライト)などの海外の音楽アーティスト出演CMも制作。

※2022年8月25日、新曲「マツコと踊りたい」Apple music、Amazon music、レコチョク他 
音楽配信サイトより発売。
ラジオ日本「加藤裕介の横浜ポップJ」生放送ゲスト出演 2022/9.26